茶道网站毕业论文

1.关于茶道的本科毕业论文

日本茶道——和、敬、清、寂 从唐代开始,中国的饮茶习俗就传入日本,到了宋代,日本开始种植茶树,制造茶叶。但要一直到明代,才真正形成独具特色的日本茶道。其中集大成者是千利休(1522-1592年)。他明确提出 “和、敬、清、寂”为日本茶道的基本精神,要求人们通过茶室中的饮茶进行自我思想反省,彼此思想沟通,于清寂之中去掉自己内心的尘垢和彼此的芥蒂,以达到和敬的目的。“和、敬、清、寂”被称之为日本“茶道四规”。和、敬是处理人际关系的准则,通过饮茶做到和睦相处、互相,以调节人际关系;清、寂是指环境气氛,要以幽雅清静的环境和古朴的陈设,造成一种空灵静寂的意境,给人以熏陶。但日本茶道的宗教(特别是禅宗)色彩很浓,并形成严密的组织形式。它是通过非常严格、复杂甚至到了繁琐程度的表演程式来实现“茶道四规”的,较为缺乏一个宽松、自由的氛围。

平安时代初期,遣唐使中的日本高僧最澄和尚,将中国的茶树带回日本,并开始在近畿的坂本一带开始种植,这就是日本栽培茶树的开始,到了镰仓时代,神僧荣西在中国学到了茶的加工方法,还将优质茶种带回日本传播,他于公元1211年写成了日本第一部饮茶专著《吃茶养生记》。

中国的茶文化来自平民大众的日常习俗,而日本则恰恰相反,饮茶文化走的是自上而下的道路,就如同明治年间的资本主义改革。茶在刚刚传到日本的时候完全属于奢侈品,只有皇族,贵族和少数高级僧侣才可以享受,茶道被当做一种高雅的先进文化而局限在皇室周围,内容和形式都极力模仿大唐。自镰仓时代开始,在思想上受到《吃茶养生记》的影响,将茶尊奉为灵丹妙药的情况越来越普遍。而茶叶种植的高速发展也为茶走入平民家创造了有利条件,这段时间,饮茶活动以寺院为中心开始逐渐普及到民间。

与中国发酵茶叶的方法不同,日本茶将蒸过的茶叶自然干燥,研成粉末,这样的茶叶就称为“抹茶”。到室町时代,畿内的茶农为了对茶叶评级而举行品茶会,由这种茶集会发展成为许多人品尝茶叶的娱乐活动,并发展了最初的茶道礼仪。这一时期,“斗茶”成为茶文化的主流,游艺性为其主要特点。后来室町幕府的第三代将军足利义满对斗茶进行了提炼,为向宗教性质的“书茶院”过渡做了铺垫。第八代将军足利义政在他隐居的京都东山建造了“同仁斋”,地面用榻榻米铺满,一共用了四张半。这种铺满榻榻米的室内设计为后世所借鉴,由此形成了各式各样的“茶室”。此前的斗茶会都在较大的空间举行,显得喧闹而不注重礼仪;而“同仁斋”将开放式的,不固定的空间进行了缩小和封闭,这就给茶道的形成创造了稳定的室内空间。这种房间称为书院式建筑,在其中进行的茶会就称为“书院茶”。“书院茶”要求茶室绝对肃静,主客问答简明扼要,从而一扫斗茶的杂乱之风。书院茶完成了将外来的大唐文化与日本文化相结合的任务,并且基本确立了现代日本茶道的点茶程序。总之,到了室町时代末期,茶道的诞生就是迟早的事情了。

2.关于茶道如何写论文啊

先谈茶的历史,再谈什么是茶道,最后谈谈茶之“心”,,,,, 日本に茶が入ってきたのは平安?r代です。

最澄や空海が中国に渡り、日本に?毪趣颂拼尾瑜虺证盲?ⅳ盲皮郡韦扦工?薬と考えていたにすぎませんでした。その后、鎌?}?r代になって临?g宗を?护à?盐鳏馑未尾瑜虺证?ⅳ盲皮い蓼工ⅳ长欷馑aだと考えていました。

だからこそ?盐鳏稀?瞬桊B生?』という本を?い皮い毪韦扦埂? 室町?r代になると、金阁を建てた足利义?氦溷y阁を建てた义政の?r代に中国渡来の美术を?弁妞工胩莆锶の钉位崴尾瑜Q生しますが、精神性が重んじられることはありませんでした。 八代将?义政の?r代に登?訾筏看逄镏楣猓?422-1501)は、唐物道具ばかりでなく、和物といわれる日本制の茶道具をも?悚护剖褂盲工氩葩植瑜?蚩及袱贰?四?半茶室も??り出しました。

そして我慢(わがまま)と我?蹋ㄗ约?套牛─趣蚪浃幛烤É竦膜什瑜问澜绀蚩激ǔ訾筏郡韦扦筏俊¥长尉É瘠蚴埭本@いだのが、武野绍鴎(1502-1555)であり、さらに哲学的な思考性、美の世界を??Oめる??美性を加えて草庵茶の?颏铯硬璧坤趣筏拼蟪嗓筏郡韦⑶Ю荩?522-1591)でした。 茶道の大成者千利休に??し、ある人が「茶道とは何ですか、教えてください」と?い亭蓼筏俊?それに??し利休は、「茶は服のよきように」「炭は?畏肖瑜Δ恕埂赶膜?訾筏⒍吓恕?「花は野にあるように」「刻限は早めに」「降らずとも雨の用意」「相客に心せよ」、この七?tがすべてですと?辘à蓼筏俊?すると?い亭咳摔吓盲啤袱饯螭胜长趣椁い稀⑷扭纬嘧婴扦猡铯盲皮ؤ辘蓼埂工妊预い蓼筏俊?すると利休は「わかっていてもできないのが人间ではないですか。

あなたが本当にできるならば、私が弟子になりましょう」と言ったということです。 茶道の根本とはこのように、自然体のままで季?感を大切にし、「もてなし」と「しつらえ」を基本にした生活文化と言うことができます。

こうした精神を基本にして、客を招き、心をこめたもてなしをする二幕のドラマだと言うことができます。 それを现在では「茶事」と言っています。

茶事とは、前席と言われる一幕目に一汁三菜の?侠恧蚩亭斯─贰⒅辛ⅳ趣いδ婚gになって一度席を立ちます。 その后再び席に?盲贫荒郡悉袱蓼辘蓼埂a嵯趣いΧ荒郡扦?獠瑜缺〔瑜悚皮椁欷蓼埂? 茶道とは「もてなし」と「しつらい」の美学だといってもよいでしょう。

亭主となった人は、まず露地(庭?@)をととのえ、茶室の中に、?煳铯渌?#12539;茶碗・釜などを用意して、演出の??浃颏筏胜堡欷肖胜辘蓼护蟆¥长欷椁悉工伽迫毡兢物L土が育んできた文化的な结晶といえるものばかりです。 だから茶道とは「日本的な美の世界」だということができます。

そして亭主と客の间に通う人间的なぬくもりが重要な要素となります。 それを「和敬清寂」の精神といいます。

现在は人が人を大切にする?r代ではなくなってしまいました。他人のこころを?膜薄?他の人を踏み台にして自分だけがのしあがっていけばよいという人々であふれかえっております。

こうした?r代に人を敬い、和みの世界と物事に?婴袱胜ば膜蛏叱訾筏皮い韦璧坤胜韦扦埂2璧坤趣稀⑹澜绀苏Fることのできる精神文化といえるのではないでしょうか。

3.有关茶道方面的

目前,许多有关茶文化的概念存在一些分歧,模糊甚至混乱的现象,如到底什么是茶文化问题,什么是茶道问题,什么是茶艺问题,茶道和茶艺的关系问题,都存在误区,没有统一的认识,需要加以探讨,以求得共识。

在讨论茶文化问题之前,必须先弄清什么是文化。 按文化学的定义,目前通常使用的文化含义有广义和狭义之分。

广义的文化,是指人类社会历史实践过程中所创造的物质财富和精神财富的总和,也就是说,人类改造自然和社会过程中所创造的一切,都属于文化的范畴。 狭义的文化,是指社会的意识形态,即精神财富,如文学、艺术、教育、科学等等,同时也包括社会制度和组织机构。

因此,茶文化应该有广义和狭义之分。广义的茶文化是指整个茶叶发展历程中有关物质和精神财富的总和。

狭义的茶文化则是专指其“精神财富”部分。王玲教授在《中国茶文化》一书中是主张狭义说的,她强调指出:“研究茶文化,不是研究茶的生长、培植、制作、化学成份、药学原理、卫生保健作用等自然现象,这是自然科学家的工作。

也不是简单地把茶叶学加上茶叶考古和茶的发展史。我们的任务,是研究茶在被应用过程中所产生的文化和社会现象。”

按照文化学的研究,文化可分为技术和价值两个体系。技术体系是指人类加工自然造成的技术的、器物的、非人格的、客观的东西;价值体系是指人类在加工自然、塑造自我的过程中形成的规范的、精神的、人格的、主观的东西。

这两个体系经由语言和社会结构组成统一体,也就是广义的文化。因而,文化的价值体系狭义文化。

文化的内部结构包括下列几个层次:物态文化、制度文化、行为文化、心态文化。 物态文化层是人类的物质生产活动方式和产品的总和,是可触知的具有物质实体的文化事物。

制度文化层是人类在社会实践中组建的各种社会行为规范。 行为文化层是人际交往中约定俗成的以礼俗、民俗、风俗等形态表现出来的行为模式。

心态文化是人类在社会意识活动中孕育出来的价值观念、审美情趣、思维方式等主观因素,相当于通常所说的精神文化、社会意识等概念。 这是文化的核心。

那么,茶文化也应该有这样的四个层次。 1。

茶文化的四个层次 物态文化——人们从事茶叶生产的活动方式和产品的总和,即有关茶叶的栽培、制造、加工、保存、化学成份及疗效研究……等等,也包括品茶时所使用的茶叶、水、茶具以及桌椅、茶室等看得见摸得着的物品和建筑物。 制度文化——人们在从事茶叶生产和消费过程中所形成的社会行为规范。

如随着茶叶生产的发展,历代统治者不断加强其管理措施,称之为“茶政”,包括纳贡、税收、专卖、内销、外贸……等等。据《华阳国志。

巴志》记载,早在周武王伐纣之时,巴蜀地区的“茶、蜜、灵龟……皆纳贡。 ”至唐以后贡茶的份额越来越大,名目繁多。

从唐代建中元年(公元780年)开始,对茶叶征收赋税:“税天下茶、漆、竹、木,十取一。”(《旧唐书?食货志》)大和九年(公元835年)开始实行榷茶制,即实行茶叶专卖制(《旧唐书。

文宗本纪》)宋代蔡京立茶引制,商人领引时交税,然后才能到指定地点取茶。 自宋至清,为了控制对西北少数民族的茶叶供应,设茶马司,实行茶马贸易,以达到“以茶治边”的目的。

对汉族地区的茶叶贸易也严加限制,多方盘剥。 行为文化——人们在茶叶生产和消费过程中的约定俗成的行为模式,通是以茶礼、茶俗以及茶艺等形式表现出来。

如宋代诗人杜来“寒夜客来茶当酒”的名句,说明客来敬茶是我国的传统礼节;千里寄茶表示对亲人的怀念;民间旧时行聘以茶为礼,称“茶礼”,送“茶礼”叫“下茶”,古时谚语曰“一女不吃两家茶”,即女家受了“茶礼”便不再接受别家聘礼;还有以茶敬佛,以茶祭祀等等。 至于各地、各民族的饮茶习俗更是异彩纷呈,饮茶习俗更是异彩纷呈,各种饮茶方法和茶艺程式也如百花齐放,美不胜收。

心态文化——人们在应用茶叶的过程中所孕育出来的价值观念、审美情趣、思维方式等主观因素。如人们在品饮茶汤时所追求的审美情趣,在茶艺操作过程中所追求的意境和韵味,以及由此生发的丰富联想;反映茶叶生产、茶区生活、饮茶情趣的文艺作品;将饮茶与人生处世哲学相结合,上升至哲理高度,形成所谓茶德、茶道等等。

这是茶文化的最高层次,也是茶文化的核心部分。 因此,广义的茶文化应该由上述四个层次组成。

但是第一层次(物态文化)中早已形成一门完整、系统的科学——茶叶科学,简称茶学。第二层次(制度文化)属于经济史学科研究范畴,而且也是成绩显著,硕果累累。

所以作为新兴的学科,茶文化学应该将研究重点放在过去比较薄弱的第三、第四两个层次,也就是狭义的茶文化。 如此看来,我们要研究的狭义茶文化是属于平常所谓的“精神文明”范畴,但是它又不是完全脱离“物质文明”的文化,而是结合在一起的。

不管是茶道也好,茶艺也好,茶礼也好,茶俗也好,都是在茶叶应用过程中体现出来的,离开,也就不存在什么茶文化了。 2。

茶文化的核心是茶道 目前,关于茶文化的许多名词术语存在一些模糊甚至是混乱的认识,茶艺界有。

4.茶道的论文 3000字 急~~~

中国是茶树的原产地。

然而,中国在茶业上对人类的贡献,主要在于最早发现,并利用茶这种植物,并把它发展形成我国和东方乃至全世界的一种灿烂独特的茶文化。 唐代是我国历史上一个重要的朝代,在中国制茶史上也有举足轻重的作用,自中唐以来,饮茶之风大兴于西北塞外。

因此,当地牧民便驱赶着良种骏马,到内地来进行茶叶交换,后来又通过使者和商人,进一步扩大,这就是历史上有名的“茶马交易”。白居易《琵琶行》中“老大嫁作商人妇,商人重利劝轻别离。

前月浮梁买茶去,去来江口守空船。”也可证明这一点。

茶文化的发展在于: 1、饮茶的广泛盛行。 茶叶的通俗与高雅,代均具备十分丰富的内涵。

在大众饮茶和宫廷茶饮外,还有一个僧侣圈,茶与佛教的缘分很深,到了唐代这种缘分联系的更加紧密了。近年来陕西法门寺出土的唐僖宗时期的金银茶具,也反映出唐代佛的饮茶之间的特殊关系。

2、文人介入,诗文吟颂。 在唐代茶文化的发展中,文人的热情也起了重要的推动作用。

典型的是诗歌中的茶诗创作,比较著名的有李白《答族侄僧中孚赠玉仙人掌》,白居易的《琴茶》齐已的《谢湖茶》等,这些茶诗的形式有古诗、律诗、绝句等,内容包括茶道的各个方面。 中国茶叶传入日本在公元世纪开始,但当时日本并不产茶。

因此,茶叶还及为稀贵,只有上流贵族阶层和寺院才拥有,一般平民是不敢奢求的。似举安溪茶艺. “安溪茶艺”源于安溪铁观音功夫茶。

通过挖掘整理、编排提炼、升华为别 具一格的铁观音茶艺。 茶艺提示:让品茶人了解乌龙茶,特别是名茶铁观音的沏茶技艺,是一门融传统技艺与现代风韵为一体的品茶艺术。

具体包括:品茶环境、茶叶选择、水质鉴定、茶具选用、茶艺人才选拔、茶艺音乐等。茶艺流程讲究礼貌待人、款款有序、协作细腻优美、富有茶的神韵,使人们在品茶过程中得到美的享受。

茶艺之本:(纯)茶性之纯正,茶主之纯心,化茶友之净纯。 茶艺之韵:(雅)沏茶之细致,协作之优美,茶局之典雅,展茶艺之神韵。

茶艺之德:(礼)感恩于自然,敬重于茶农,诚待于茶客,联茶友之情谊。 茶艺之道:(和)人与人之和睦,人与茶、人与自然之和谐,系心灵之挚爱。

它传达的是:纯、雅、礼、和的茶道精神理念。它传播的是:人与自然的交融;启发人们走向更高层次的生活境界。

日本茶道是人唐文化的翻版。其目的主要为接待宾客,联络感情,陶冶性情的特殊礼仪活动。

最初,许多种茶的农民经常定期举行茶叶评赛会,由此发展为许多人以品茶为一种娱乐。大家在一起饮茶叙谊。

僧侣之间则利用茶气来讲经布道,幽雅品茗,参惮悟道。 日本茶宗应体现,和(平),敬(友),清(寂),寂(幽雅)。

在日本一般举行茶道的时间,分别为朝茶,饭后,消昼和夜话茶道对茶会的环境有一系列的规定,除“和”与“敬”,是指茶会上主人和客人之间应强调精神,态度和因有的辞仪外,“清”与“静”则主要表现茶室,饮茶亭院的环境和气氛要充分体现清静和典雅,…… 现今,在中国的一些茶区,如福建定期举行的茶会大体上与日本茶道相似。如中国的安溪茶艺与日本茶道略有相似。

中日茶文化的对比之余,不免有让我们思考的地方。茶出于中国,兴于中国,为什么这灿烂的文化瑰宝,在近一百年中,却改变了它千年的内含底蕴。

试问当今有几亿人。 在品茶前沐浴更衣,喝茶不足引茶而是细细品们茶所带给你的精神的愉快。

起码 越脱这个充满气氛的世界,人们的追求也能从物质享受上升为更高层次的精神享受。我们要重视传统文化,在这个竟争激烈的时代更为迫切。

我们应该向日本学习他们对茶文化的追求,大不必以泱泱大国的心态自居,日本今天保留了一套完整的饮茶习惯,并将它们作为教程编入大,中,小学生的教材中,可见其普遍性。 外国人一丝不苟的学习我们的传统文化并加以继承,而我们自己却不能将这些文化传统很好的继承和发扬??着不免让我们思考! 夜深万籁寂无声, 晓看平阶展素茵。

茗碗纵寒终有韵, 梅花虽冷自知春。

5.关于日本茶道论文的资料,和敬清寂,一期一会

四规(しき) 〔和敬清寂(わけいせいじゃく)〕 この4つの文字の中には、すべてのお茶の心がこめられているといわれています。

「和(わ)」とは、お互いに心を开いて仲良くするということです。「敬(けい)」とは、尊敬(そんけい)の敬で、お互いに敬(うやま)いあうという意味です。

「清(せい)」とは、清(きよ)らかという意味ですが、目に见えるだけの清らかさではなく、心の中も清らかであるということです。「寂(じゃく)」とは、どんなときにも动じない心です。

お茶を饮むとき、お点前(てまえ)をするとき、また、お客様になったとき、お招(まね)きしたときなどに、この「和敬清寂(わけいせいじゃく)」ということばを思い出し、おけいこに励(はげ)みましょう。 和敬清寂と一期一会 李 静芳-------------------------------------------------------------------------------- 日本の古都としての京都で留学している私は、茶道の稽古に周に一回通っています。

茶道の稽古を通して「私の见た日本」は、お茶の精神を実现して、茶道の文化と相互に辉いて「和敬清寂」、「一期一会」な日本です。 茶道は建筑、美术、书道、哲学、禅など日本の风土が育んできた文化的な结晶の一つといえるものだと思います。

茶道が精神面に反映したのは、茶道の大成者千利休(1522-1591)が茶道のあり方について教えた言叶である四规「和敬清寂」と井伊直弼(1815-1860)が茶汤一会集の中に教えた「一期一会」だと思います。(一)和敬清寂 四规「和敬清寂」はお茶の心として见られています。

四规の内容を简単に说明すると、「お互い仲良く(和)敬いあって(敬)、见た目だけでなく心も清らかに(清)何事にも动じない心(寂)を持ちなさい」という意味です。更に详しく说明すると、和は平和の和、敬は尊敬の敬、清は清めるという精神、寂は何事にも动じない心を表します。

また、寂の実现は和、敬、清を実现した后にしかできません。 これから、私が见た「和敬清寂」な日本について说明します。

まず、和は人间と人间及び人间と自然の间の平和です。例えば、京都で行われるいろいろな祭事や祭りの目的は自然と人间の平和共存を祈ることです。

その中で、毎年5月15日に行われる葵祭は代表的な一例だと思います。葵祭の起源は、今から约1400年前の钦明天皇の西暦567年にさかのぼります。

その时、日本国内は风雨がはげしく、五谷が実らなかったので、祭事を通して、风雨がおさまり、また五谷が豊かに実って国民も安泰になるように祈ったのです。他にも、毎年5、6月には、京都の町中を歩いている时、店の门前によく“子育て中、头上注意”などのポスター或いは掲示を见かけます。

これは、店主と、子を育てる燕との平和共存のシンボルと扱えるいい例だと思います。大体、私の国では、このように店の出入り口の上の屋根に巣があるという光景は见られません。

大分、このように店の出入り口に筑かれる巣が商売を妨げるという原因で、见つかり次第取られてしまいます。従って、このような人间と燕との平和共存の光景に、特に深く印象付けられました。

上述の二例とも人间と自然との平和を求める実例だと思います。 次に、尊敬の敬について。

日本では伝统的に目上の人に対して尊敬するということが大事です。日本の家庭教育が“敬い”を重视し、こういう家庭教育に基づいて、他人を尊敬するという躾を身に付けたのです。

これが职场に反映され、年功序列の制度が作り出されたのだと思います。またこれが日常生活に反映された结果、ドライバーは大体いつも自転车や歩いている人に道を譲り、自転车同士もよく譲り合います。

これは私にとって、日本と自分の国との大きな相违点だと感じることです。母国では、ドライバーは大体自分のことを第一に考えます。

それゆえ、交通信号をちゃんと守らない人がすくなくありません。ましてや、自転车や歩いている人に道を譲ることはとても珍しいことです。

だから、日本へ留学に来たばかりのころ、自転车に\るときはいつもドライバーたちが道を譲ってくれることに户惑っていました。结局、両方が止まったままという场面のあと、むこうの合図で、自分が先に通ってよいということがわかりました。

上述のように、日本の社会は敬に基づいて筑かれた社会と言ってもよいと思います。 清については、清は外(物质面)と中(精神面)を清めることだと思います。

外を清めるということから见ると、日本の家々では大体玄関で靴を脱いで家に上がります。床もきれいに拭いて、これが日本のお寺に上がるときも同じように靴を脱がなければなりません。

私の国にも仏教の寺があります、でも普通拝観する时に靴を脱ぐことはほとんどありません。だから、日本のこういう独特な现象は多分清める意识と関系がないとは言えないと思います。

次に、心を清めるということに関して。日本特有のいろいろな武道、例えば、相扑、弓道や合気道などでも。

6.以“茶文化”为题的研究性学习论文

1 最早的“茶道”两字因茶的意境而来.意境承 载茶之精神效用 “茶道”两字,在爱茶人心中是值得敬仰的一片 天地。

它先出自诗僧和茶僧美称的皎然之诗作《饮 茶歌诮崔石使君》。诗的开头是茶事的描写,接着的 “一饮涤昏寐,情思爽然满天地;再饮清我神,忽如飞 雨洒轻尘;三饮便得道,何须苦心破烦闷。”

是茶事心 境的渲染,是茶事感受而来的非凡意境,“茶道”两字 在最后一句“孰知茶道全尔真,惟有丹丘得如此”中 推出。通读该诗篇,感受最深的是茶事的意境:先从 一饮之前的茶事情景铺开,尔后逐渐深入,直至妙不 可言,才有“道”与”茶道”,意境高远,也真可谓“道可 道,非常道”。

皎然的另一首诗怍(《饮茶歌送郑容》) “丹五羽人轻玉石,采茶饮之生羽翼……霜天半夜芳 草折,烂漫缃花啜又生。赏君此茶祛我疾,使人胸中 荡忧栗。

日上香炉情未毕,醉踏虎云溪,高歌送君 出。”也有异曲同工之妙,并把茶的蕴意与友情连在 一起,诗的意境也让人联想到皎然与茶圣陆羽的关 系(可有相关的茶诗为证)。

陆羽与皎然是忘年交,皎 然所提茶道,自然受陆羽的影响。陆羽也正是在湖 州与皎然结识,进一步积累学识,并终成博学之士, 并完成《茶经》的最后定稿(颜真卿也受影响,并著有 “流华净肌骨,疏瀹涤心源”的诗句)。

2 茶的意境是茶道的构架,为不同时代茶事的共性 自皎然提出“茶道”以来,已历经·—千多年。当 今的茶文化专家设想从当代的实践出发、以不同的 角度对历史上以高深著称茶道作”见仁见智”的认 识,有简有详,认识深刻;但茶文化初识者较难把握 (客观上还受日本茶道的不同实践与理沦的影响), 甚至有“茶道”一词内涵,不说还行。

越说反而越模糊 的反映,这主要与茶事实践的程度与范围、研究者的 出发点、及价值取向有异所致,初学者难以觉察、认 识和把握,也就不足为奇。一般说来,茶道是人们受 茶事感受并进入较深意境而生发,茶道与茶的意境 密切相伴。

相似的茶事,会因为个人(修养、兴趣和事 件背景等)的差异,产生不同程度的体验和感受,即 在茶的意境上有相似的认同感;如此,茶事常常可有 主题,引导人们参与其中。当然,要想从茶中得到深 刻的感悟和意界,还要求对茶与传统文化、乃至个人 的修养有较高的要求,皎然所提出的茶道正是如此, 也有人喻此为“天街小雨润如酥,草色遥看近却无” 的情景,而欧阳修提出的“真善幻”亦属此意。

人们对 广泛推崇的“精行俭德”(茶道精神)的领会.尽管因 人而异(如在程度上),但仍是由茶事所承载可意会 而难于言传的意境之体验后,由茶而感发认识的进 步与修养的提高等。在当代,有人以杜甫的诗句“随 风潜入夜,润物细无声”,来比喻茶事的美妙意境、以 及人文“观照”,也是通及茶道后的感应。

与茶道精神相关的意境,自然不会偏离茶道。 3 在茶事体验中寻求意境,感悟人生的真谛顺应时代的进步 3 在茶事体验中寻求意境,感悟人生的真谛顺应时代的进步 在茶事体验中寻求意境,代替具体的茶道程式, 从中获得感悟或精神的“纯化”等,是人们把茶道局 限在深层次或程式化的认识所作的修正。

时代的发 展、生活节奏的加快,小桥流水的场景已退缩至公园 或家庭—‘角;人们为赶上经济大潮适应紧张的了作 节奏,即使留恋,也只能把诸如对传统文化等恪守深 刻于内心,换之以“浅然”来对待周围的人与事,花花 绿绿的消遣和娱乐也应运而生。显然,历史上文人雅 士式的品茶,会使年轻人感到气氛颇为严肃。

它代表 的是延袭—种精深的、有五千年的文化传统和历史 沉积。人们对品茶已是小心翼翼,何况是高深或神秘 的茶道。

好在历史的、文化的原因,是中国人就会喝 茶,人们喜欢茶的“可口、可乐”,由此而能带来的意 境,自然不会拒绝,毕竟,茶香在口,通过认识与引 导,还有助于为生活的诗化增光添彩,何乐而不为 呢!已被人们广泛接受的当代茶艺,也可理解为在茶 的“可口、可乐”的基础上,引导茶的意境与茶道相 通,展示“真、善、美”的内涵。 4 茶的意境的启示,俗及日常生活、深通传统文化精义,与茶道相通 茶的意境.能从平凡茶事中通及中国传统文化 的深层。

茶的历史实践已表明:茶与儒、道、悱的境界 相互渗透,儒家之礼、佛家之养、道家之闲,在茶的氛 围中体现得淋漓尽致。在儒释道三者之中.给人感觉 最为深切的是那种闲适的情感,所以许多隐士大多 有嗜茶的习惯,过闸云野鹤的日子当然少不丁具有 闲情雅志的茶了,手举一杯茶,神情清爽,荡涤心间 污秽,这可非一般饮料所能比。

但闲情适意的消极生 活方式仍不全是茶的意境所体现的内容,它含有积 极的因素,如茶之精神,苏东坡也有“叶嘉传”之赋, 这是茶文化的支柱之一;茶不同于烟酒,可为过把瘾 就“死”的短暂性“解药”。 /search?hl=zh-CN&newwindow=1&q=%E4%BB%A5%E2%80%9C%E8%8C%B6%E6%96%87%E5%8C%96%E2%80%9D%E4%B8%BA%E9%A2%98%E7%9A%84%E5%AD%A6%E4%B9%A0%E8%AE%BA%E6%96%87&start。

7.日本茶道论文

中国と日本のお茶要旨:日本の饮茶の习惯が次第に形成されたのは约8世纪で、中国大陆から日本に入ってきたことは明らかである。

日本の茶文化の歴史は中国の茶文化の歴史の発展に沿って発展して来たと言える。そして、东方文化の中で、「茶道」が非常に重要な构成部分である。

「茶道」はお茶を仲立ちとして生活する中での仪礼なので、精神修养の一种の方式だとも思われる。それは茶を入れること、评価すること、そして饮茶することを通して、友情を増进し、审美の心をも修得することは、礼仪作法を学ぶ上で、とても役立つ一种のむつまじくして楽しい仪式となったと思う。

キーワード:饮茶、茶道、茶の叶、思想はじめに饮茶については中国では长い歴史と古い记录がある。いつごろからか详しくは分からないが、ただ大体の时代は言える。

いろいろな资料によると 世界中多くの国の饮茶の习惯が确かに中国から伝播した。よって、饮茶の习惯は中国にはじまり、他国の饮茶とお茶を植える习惯も中国から直接、あるいは间接に伝播して行ったと思われる。

このことは多くの人が认めている。しかし、中国ではそう思わない人が多い。

彼等はお茶を饮むことは中国の习惯でお茶の文化は外国のものだと思っている。特に、今、日本の茶道は特有の伝统、规范そしてその広さで世界の茶文化を主导している。

それで、我々は中日の茶文化の异同に関してもっと冷静で客観的な分析をしなければならないと思う。1. 茶の起源中国は茶の木の原产地である。

そして、中国は初めて茶の叶を発见、利用して わが国は更に世界の独特な茶文化を育成した。中国では、茶の叶が初めて四川省の周りから盛んに栽培され、それから东部そして南部に広く伝えられ、さらに全国に伝えられと考えられる。

唐代になると、日本の最澄和尚は中国で仏教を学んでから、茶の种子を持って日本へ帰った。その后、茶の种子が近江(滋贺県)の周りに播かれ、しかも嵯峨天皇の推奨で茶の叶が日本全国で栽培されるようになった。

中国人ではお茶を饮むのは始めは薬用から、后に日常の饮み物になったのである。陆羽の『茶経』はわが国の制茶と饮茶、さらに茶文化の精神的な背景を形成するための基础を筑いた。

そして、これは中国の茶文化が薬用から饮用に、「実用」から「精神文化」になることの転换点だと言える。その后、茶と儒教の思想とが本格的な関系を持つようになった。

それとともに诗文、书画、陶磁、工芸に融合された。日本の茶文化の歴史はその逆で「精神文化」から「実用」化されたと言える。

饮茶の方式について言えば、中国と日本は全く违う风格がある。中国の饮茶方式は茶の叶の生产技术の进歩とともに、旧法を舍てて新しい方法を采用し続けていることである。

一方、日本の茶道にあたる点茶法はわが国の宋の时代のそれが日本中世期の饮茶方式に反映している。よって、时代を离れ、现実から逃避するという特徴には「芸术的な隔离感」というものがあるようだ。

2. 「茶道」の概念东方文化の中で、「茶道」が非常に重要な构成部分である。実际に「茶道」と言えば、大部分の人は容易に日本を连想すると思われる。

実は、中国では、「茶道」と言う言叶を唐代から千年以上を使ってきた。中国人には「道」は完璧な思想学说と考えられ、それを宇宙、人生の掟、规则と见做す。

従って、中国人は简単に「道」という语を言わない。日本のように、お茶には茶道があって、花には华道があって、剣术にも剣道があって、レスリングの组み打ちにさえ柔道がある。

ただ、中国では饮食、游んで诸活动する中で升华して「道」になったのは茶道だけだ。「茶道」はお茶を仲立ちとして生活する中での仪礼なので、精神修养の一种の方式だとも思われる。

それは茶を入れること、评価すること、そして饮茶することを通して、友情を増进し、审美の心をも修得することは、礼仪作法を学ぶ上で、とても役立つ一种のむつまじくして楽しい仪式となったと思う。しかし、茶道の精神はいち早く中国に起った。

中国人は少なくとも唐あるいはそれ前に世界でまず一种の精神修养の道としてお茶を饮んでいる。唐の『封氏闻见记』の中に「茶道」と言う言叶の记录があって、これは茶道に関する文献として一番早い现存する记录である。

日本では、千利休が日本の茶道の师匠になった后に、やっと「茶道」というこの旗を高く掲げ、そして茶道を4规则に総括する。即ち、「和、敬、清、寂」である。

明らかに、この基本理论は中国の茶道の精髄の影响を受けたもので、その主要な修养日程の骨组みは依然として中国に源を発する。3. 现代中国の茶道中国では、地域によって、気候が违う。

それは、茶の木の生长に影响があり、お茶の种の资源が多く、お茶の种类もたくさんある。中国では、お茶の分类に関してその形状、目的によって、その见解を异にする。

一般的に输出するお茶によって、绿茶、红茶、乌龙茶、白茶。

茶道网站毕业论文

转载请注明出处众文网 » 茶道网站毕业论文

资讯

体育生毕业时会进入什么岗位论文

阅读(94)

本文主要为您介绍体育生毕业时会进入什么岗位论文,内容包括体育生一般毕业出去以后都做什么工作,体育生大学毕业出来一般能干什么?,出来后做什么?听说体育生将来找工作不是做专业运动员就是当体育老。体育出来大众化是到学校做老师,想混好点

资讯

关于商业环境设计的毕业论文

阅读(80)

本文主要为您介绍关于商业环境设计的毕业论文,内容包括要写篇关于商业购物环境设计对购物心理影响的论文,谁能帮我想个好,求商业空间环境对心理的影响我的毕业论文写的这个,麻烦有高手请指,环境艺术设计专业毕业论文主要写些什么?。艺术专

资讯

关于药学专科毕业论文

阅读(80)

本文主要为您介绍关于药学专科毕业论文,内容包括关于药学类的大专毕业论文??,药学专业毕业论文格式是怎样的?,急求关于中药学专业的论文(3000字左右的,大专毕业论文)中草药。浅谈药品不良反应与安全用药 作者:XXX XXX XXX【关键词】 合理的

资讯

邯郸学院毕业论文ppt

阅读(87)

本文主要为您介绍邯郸学院毕业论文ppt,内容包括毕业论文答辩怎样制作ppt?,毕业论文陈述关于毕业论文答辩陈述稿和有关ppt请问那位有毕业论文,本科毕业论文答辩时的PPT该怎么做?。关于内容: 一般概括性内容:课题标题、答辩人、课题履行时间、

资讯

硕士毕业论文能发表吗

阅读(96)

本文主要为您介绍硕士毕业论文能发表吗,内容包括硕士论文还可以发表吗,研究生毕业论文容易发表吗?,学位论文可以发表吗有关论文发表硕士论文没有发表,能拆分成小的。研究生毕业论文发表 ,现在不是很容易,加上周期长,现有:全国中文核心期刊、国

资讯

毕业论文算科研情况吗

阅读(107)

本文主要为您介绍毕业论文算科研情况吗,内容包括发表毕业论文可以算作是工作后的科研成果吗?,本科毕业论文是科研项目吗,论文是不是教育科研成果。毕业论文,泛指专科毕业论文、本科毕业论文(学士学位毕业论文)、硕士研究生毕业论文(硕士学位论

资讯

基础兽医的相关研究毕业论文

阅读(106)

本文主要为您介绍基础兽医的相关研究毕业论文,内容包括毕业论文关于畜牧兽医的,有关动物科学专业的书毕业论文选题(生物专业动物方面最好是有关,如何考畜牧兽医职称。西藏牦牛业现状,存在的主要问题及产业发展思路报告人:姬秋梅西藏自治区农

资讯

基于c语音网络通信聊天工具毕业论文

阅读(109)

本文主要为您介绍基于c语音网络通信聊天工具毕业论文,内容包括c语言下的基于zigbee的聊天系统实现,代码,毕业论文,VB局域网聊天的论文谁有?????,计算机网络技术介绍下计算机网络技术读什么。1。1。1 通信协议的种类和特点 目前常见的通信协

资讯

高铁牵引所毕业设计论文摘要

阅读(94)

本文主要为您介绍高铁牵引所毕业设计论文摘要,内容包括。当前,我国改革已进入攻坚阶段,如何建立与社会主义市场经济相适应的公共管理体制,是我国在社会转型的关键时期急需解决的重大问题。其中,深化政

资讯

大学毕业论文注意事项

阅读(102)

本文主要为您介绍大学毕业论文注意事项,内容包括大学生毕业论文中应注意的事项?,毕业论文需要注意哪些问题,论文需要注意的问题?。1. 图纸图表①图纸.图表布局合理,标注规范,注释准确。 ②工程图纸必须按国家规定标准或工程要求绘制。③图表

资讯

南京大学本科毕业论文范文

阅读(99)

本文主要为您介绍南京大学本科毕业论文范文,内容包括求一篇工商管理专业的毕业论文!有关执行力的!,孩子上学问题(南京)我们大学毕业后,一直在南京工作,可悲的是30,你是学的过程自动化吗?自考成功了吗。浅谈提升企业管理执行力 企业发展

资讯

古川雄辉毕业论文是什么

阅读(106)

本文主要为您介绍古川雄辉毕业论文是什么,内容包括论问研究的目的从哪几个方面写?,古川雄辉上过哪些杂志?在杂志的哪一期求助,古川雄辉到底是什么人?怎么现在那么多女孩子都追这家伙~~!!爱。答非所问,回答的驴唇不对马嘴,或者紧张导致不知道

资讯

应对毕业论文查重用什么软件

阅读(99)

本文主要为您介绍应对毕业论文查重用什么软件,内容包括论文查重什么软件靠谱?,论文查重用哪个软件好呢?,论文查重软件那个比较好啊?。其实知网系统是分VIP5.0(已更新至5.1)、PMLC、AMLC/SMLC以及知网分解。其中VIP5.0是研究生/硕博检测论文专

资讯

聚氯乙烯毕业设计论文

阅读(114)

本文主要为您介绍聚氯乙烯毕业设计论文,内容包括电石乙炔法生产聚氯乙烯求可写论文的内容速度,在聚氯乙烯技术年会论文集上发表的论文可以算职称论文吗,聚氯乙烯悬浮法和乳液法聚合的生产工艺是什么?。分三个工段乙炔的制作:桶装或袋装电石

资讯

关于商业环境设计的毕业论文

阅读(80)

本文主要为您介绍关于商业环境设计的毕业论文,内容包括要写篇关于商业购物环境设计对购物心理影响的论文,谁能帮我想个好,求商业空间环境对心理的影响我的毕业论文写的这个,麻烦有高手请指,环境艺术设计专业毕业论文主要写些什么?。艺术专

资讯

关于药学专科毕业论文

阅读(80)

本文主要为您介绍关于药学专科毕业论文,内容包括关于药学类的大专毕业论文??,药学专业毕业论文格式是怎样的?,急求关于中药学专业的论文(3000字左右的,大专毕业论文)中草药。浅谈药品不良反应与安全用药 作者:XXX XXX XXX【关键词】 合理的

资讯

邯郸学院毕业论文ppt

阅读(87)

本文主要为您介绍邯郸学院毕业论文ppt,内容包括毕业论文答辩怎样制作ppt?,毕业论文陈述关于毕业论文答辩陈述稿和有关ppt请问那位有毕业论文,本科毕业论文答辩时的PPT该怎么做?。关于内容: 一般概括性内容:课题标题、答辩人、课题履行时间、

资讯

硕士毕业论文能发表吗

阅读(96)

本文主要为您介绍硕士毕业论文能发表吗,内容包括硕士论文还可以发表吗,研究生毕业论文容易发表吗?,学位论文可以发表吗有关论文发表硕士论文没有发表,能拆分成小的。研究生毕业论文发表 ,现在不是很容易,加上周期长,现有:全国中文核心期刊、国

资讯

毕业论文算科研情况吗

阅读(107)

本文主要为您介绍毕业论文算科研情况吗,内容包括发表毕业论文可以算作是工作后的科研成果吗?,本科毕业论文是科研项目吗,论文是不是教育科研成果。毕业论文,泛指专科毕业论文、本科毕业论文(学士学位毕业论文)、硕士研究生毕业论文(硕士学位论

资讯

基础兽医的相关研究毕业论文

阅读(106)

本文主要为您介绍基础兽医的相关研究毕业论文,内容包括毕业论文关于畜牧兽医的,有关动物科学专业的书毕业论文选题(生物专业动物方面最好是有关,如何考畜牧兽医职称。西藏牦牛业现状,存在的主要问题及产业发展思路报告人:姬秋梅西藏自治区农

资讯

毕业论文系统提交超时

阅读(75)

本文主要为您介绍毕业论文系统提交超时,内容包括在规定时间内提交论文失败应该怎么办,总是提交超时,事怎么回事,发不了文章,说页面超时?怎办?。你好! 这是属于在网络繁忙的时候遇到的现象! 主要影响的因素如下: 1,做为中国目前第一门户网站,使用

资讯

毕业论文鉴定表丢了

阅读(92)

本文主要为您介绍毕业论文鉴定表丢了,内容包括我的毕业实习鉴定表丢了,怎么办?,有关毕业论文的问题我的毕业论文成绩单丢失了,不知道成绩,请问这,大学生毕业登记表丢失怎么办。西安自考生学士学位申请条件是:只要把所有的课程都通过了,论文答